top of page
  • Instagram

blog

ブログ

先進の3Dプリンティングと職人技による製造過程:LifePendant SONA-e

LifePendant SONA-eは、最先端の3Dプリンティング積層造形技術を用いて製造され、日常生活だけでなく、アウトドアや緊急時にも対応可能な耐久性と機能性を備えています。今回は、この革新的な製品の特長をご紹介いたします。

一体成形の強度

LifePendant SONA-eは、部品をつなぎ合わせることなく、チタン粉末を重ねて形成されます。この一体成形プロセスにより、ペンダントは非常に強固で壊れにくい製品となります。組み立てによる弱点がないため、長期間の使用にも耐える耐久性を備えています。



3Dプリンティングの革新

LifePendant SONA-eの製品化における大きな課題を解決する策としては、3Dプリンティングの積層造形技術の導入でした。

日本チタン協会の白石博章氏の協力と福井県工業技術センターの専門知識と技術により、チタンの粉末を層に層を重ねて、精密で複雑な形状を実現しています。

この技術は、3つの異なる音色を出すホイッスルをデザイン性を保ちながら実現するために活用されました。


研磨技術による美しさ

製品の美観を左右する重要な工程として、福井県のタカシマ技研による丁寧な手作業の研磨が行われています。この研磨技術によって、LifePendant SONA-eはただ丈夫なだけでなく、美しい仕上がりと滑らかな手触りを実現しています。高い技術力が、製品の質感を格段に引き上げています。





職人技術との融合

LifePendant SONA-eの製造過程は、最新の技術と熟練の職人技術の完璧な融合を示しています。日本の職人技が現代のテクノロジーと出会い、機能的でありながらも芸術的なIDタグネックレスが生まれました。





Comments


bottom of page